東北の軍事、政治の中心だった多賀城は

約900mの不均等な四角形をしています。

周囲は築地掘り、柵がありました。中央

には約100mの政庁が建てられていました。

奈良時代には陸奥国府、鎮守府が置かれて

東北の政治、軍事の拠点だったとされています。

発掘調査では多賀城は何度も戦、災害にあって

いたことが分かりました。

そして780年伊治呰麻呂の乱にて焼失

したことされています。

大地震での倒壊など5回の建て替えが

行われました。

往時の建物はありませんが、政庁跡が

復元されています。

多賀城碑

多賀城南門の辺りに堂があります。

堂には141文字が彫られた多賀城碑

が置かれています。762年の多賀城

修復の時に建てられました。

歴史的にとても貴重なもので

重要文化財に指定されています。

さらに、日本三古碑とされています。

日本の城・多賀城・アクセス

  • 住所:宮城県多賀城市市川
  • 料金:自由見学(無料)
  • 駐車場:20台
  • JR国府多賀城駅:徒歩15分

コメント

多賀城は私の実家のすぐ近くに

あり私はよく散歩をしています。

正直、回りは田舎の住宅で何も

ありません。寂しい場所です。

しかし、遺跡後はとても神秘的で、

昔、ここに城があったと想像できます。

1600年代前後の城とは違い

とても小さいのですが、是非、見て頂

きたいです。観光はありませんが

お城、歴史の好きな人だったら

行く価値はあります。